葬儀の形は現代では色々あります。千葉でこれまで行われてきた葬儀の形、種類を理解しておきましょう。
Show MenuHide Menu

千葉で行われてきた様々な種類の葬儀

最近は各地で葬儀の形が変わりつつあります。

千葉でも同じですが、形式通りの葬儀ではなく、家族、故人が理想とする葬儀の形を追求されるご家族も少なくありません。

以前は千葉でも昔から執り行われてきた檀家としての葬儀がほとんどでしたが、最近は檀家として葬儀を考えていくのではなく、故人がどのような葬儀を臨んでいたか、家族がどのように葬儀に対して思いを持っているか、こうしたことが色濃く反映された葬儀が多くなっているのです。

◇葬儀について相談するなら–>千葉県での葬儀なら【博全社】

国内で行われてきた葬儀は、仏式、キリスト教式、神式などがあります。

仏式は日本で最も多く行われてきた葬儀の形で、お寺さんに依頼しお亡くなりになった方へお経を唱えていただいたり、戒名を頂くなど古くから行われてきた日本伝統の葬儀の形といってもいいでしょう。

キリスト教式は、キリストが日本に伝来してから現在までキリスト教徒の方々が執り行ってきた葬儀です。

カソリックとプロテスタントによって違います。

また故人がキリスト教徒ではない、という場合でも、この形式の葬儀を行うことができるため、この形式を選ぶ方も多くなっています。

神式は正式にいうと神葬祭という儀式です。

神社で行うのが本来の神式の葬儀ですが、一般的には自宅や斎場で神式の方法に沿って行うことが多くなっています。

このほか、お通夜や告別式のほかに、お別れの会を行う遺族も多くなっています。

タレントさんなどがお亡くなりになった際、通夜と告別式以外に、後程お別れの会を設ける事が多いです。