葬儀の形は現代では色々あります。千葉でこれまで行われてきた葬儀の形、種類を理解しておきましょう。
Show MenuHide Menu

千葉でも増えてきた生前葬という選択

2016年3月17日

千葉でも最近多くなっているのが生前葬です。

自分が生きているうちに納得がいく葬儀をしたい、また自分がこの世を去った時、残されたご家族に面倒がないように、生きているうちに葬儀を行い、お世話になった方々に自分の口で直接感謝の気持ちを届けることができる葬儀です。

生きているうちに自分の葬儀をするなんて・・・と思いがちですが、自分亡きあと、ご家族が葬儀のためにいろいろと気苦労することなくできる方法として、千葉でも執り行う方が多くなっている葬儀の一つの形です。

ご家族は大切な人を亡くされて、悲しみに暮れている状態になる事は、ご家族を置いていく方も理解されています。

自分がいなくなってから、葬儀などで気持ちを煩わせることなく、家族だけに見守られてきれいに死んでいきたいと考えるのも理解できます。

また生前お世話になった方と会えるのが死んでから・・・というのは避けたいという方も少なくありません。

できれば自分がまだ動けるうちに、お世話になったことへのお礼や、一緒に時間を過ごした思い出を語る場を持ちたいと思うのも理解できるお気持ちです。

自分の葬儀の形を自分が取り仕切ることもできるので、こういう葬儀にしてほしいと家族に用意してもらうのではなく、自分がいろいろなことを考え実現できるということも、生前葬の大きな特徴です。

死にゆくことを理解されている方が行う葬儀、また寿命が尽きる前に葬儀をしておきたいという気持ちから行うという場合もありますが、納得のいく葬儀になる事は間違いないでしょう。