葬儀の形は現代では色々あります。千葉でこれまで行われてきた葬儀の形、種類を理解しておきましょう。
Show MenuHide Menu

Category Archives: 葬儀の傾向

千葉における葬儀への意識

2016年4月22日

千葉でも現在最も多い葬儀は、仏式です。

ただ葬儀の形をみると、家族葬や密葬が非常に多くなっているということがわかります。

千葉でもそうですし、全国的に見ても密葬、家族葬、また直葬が多くなっています。

葬儀に関してデータをとってみると、年齢層が若いほど葬儀についてもドライな感覚があり、日本古来からの伝統に沿った儀式を行うということの重要性よりも、故人と最後のお別れをする場所と捉えている方が多いとわかります。

半数以上の方が宗教的な儀式と捉えていないという結果が出ていることも、葬儀に対する意識が変わったということを明らかにしています。

密葬や家族葬など、費用をかけない葬儀を希望される故人が多くなっていること、また経座的な理由から大きな葬儀を執り行う余裕がなく、密葬や家族葬など費用があまりかからない葬儀を選択されるご家族が多くなっていることなどが、密葬、家族葬を多くしている要因となっています。

しかし、葬儀について故人の最後のイベント、儀式だから大きく豪勢に行おうという意識が低くなっているということも、現代明らかになってきている事です。

千葉でも大勢が葬儀場に訪れる葬儀は以前ほど多くなくなり、ご家族や近親縁者だけが訪れる小規模な葬儀が多くなりつつあります。

これから先、葬儀はさらに簡素化、またお金をかけない方法に変わっていくかもしれません。

ただ、二度と会うことが出来ない人との最後のお別れなのだということをしっかり心にとどめておくことは重要なことです。

《関連リンク》→URL:http://style.nikkei.com/article/DGXMZO94423350W5A121C1000000